MENU

男が彼女をLINEブロックする心理について訊いてみた

彼氏にLINEをブロックされてしまったら、とてもショックですよね。「一体どういうつもりなの!?」と問い詰めたくもなるでしょう。

 

一体、男はどういう心理から彼女のLINEをブロックするのか。男性の心理を知るには、男性に聞くのが一番早いです。

 

そこで今回は、彼女のLINEをブロックしたことがある男性の体験談を5つ集めました。

 

こちらの体験談を読むことで、「もしかしたら彼氏はこのパターンだったのかも・・・」ということが見えてくるかもしれませんよ。

 

@喧嘩して口も聞きたくなかった

私が彼女のLINEをブロックしたのは、彼女と大喧嘩した時です。喧嘩の原因は、彼女が私に黙って男友達と二人で飲みに行ったことでした。

 

彼女はやましいことは何もないと言っていましたが、普通彼氏がいるのに異性の友達と二人きりで飲みに行きませんよね?本当に何もなかったとしても、浮気だと疑われても仕方ないと思います。

 

どれだけ言っても反省する素振りを見せない彼女が放った決定的な一言、「そういうところ面倒臭い」。この言葉にカチンときて、LINEをブロックしました。本当にガックシ来て、口も聞きたくなかったんです。

 

結局は、彼女がこの一件を友達に話したことで「それはあんたが悪い」と諭され、やっと「悪いのは自分」と認めてくれたので、ブロック解除しました。

 

AフェードアウトしたくてLINEをブロック

私は彼女の前からフェードアウトしたくてLINEをブロックしました。

 

彼女は気まぐれなところがあって、気分が乗っているときは「好き好き♪」と寄ってくるのですが、気分が乗らないときはLINEの返信さえ全くしません。連絡をとらないことが数日以上続くということも珍しくありませんでした。

 

彼女とはツイッターでも繋がっているのですが、私と遊んでいなくても、いつも楽しそうなんです。友達が多い人だったので、いつもライブに行ったとか、仲良しの友達と飲みに行ったとかツイートしています。

 

そんな彼女の様子を見ていると、「自分って別にいてもいなくてもいいんだな・・・」って気がしてきて、一気に彼女への気持ちが冷めてしまいました。

 

そして彼女から何日か連絡が来なかったときに、そのままLINEをブロックして、フェードアウトしました。

 

B彼女の態度にムカついたから

私が彼女のLINEをブロックしたのは、彼女の態度にムカついたからです。

 

こちらがスケジュール調整しても、なんやかんや言って会おうとしない、私と遊びたいという気持ちがまるで感じられなかったので、「これって付き合ってる意味あるの?」と思ったんです。

 

忙しくて会えないなら分かるのですが、そういうわけでも無さそうだったので、今までの仕返し的にブロックしました。私も彼女とまともに向き合う気を失くしてしまったんです。

 

今思うと、あれは彼女の「振られ待ち」だったのだと思います。LINEブロックしたあと、向こうからなんとか連絡してこようという動きもまったくありませんでしたから。

 

C忙しいのに返信の催促をされて・・・

私は仕事で忙しいのに彼女にLINEの返信を催促されるのでブロックしました。

 

仕事で忙しい時ってLINEどころじゃないですよね?だって仕事で頭の中いっぱいいっぱいじゃないです。それなのにどんどんLINEしてくるんですよ、私の彼女。

 

一応私も寂しがり屋な彼女に気を使って、できるだけ返信していたんです。出勤前とか、昼休みとか。それなのに通知が全然減らないんです。それどころか増えるんですよ。

 

「もうやめてくれ!」って叫びたかったですね。どんどん溜まる通知が苦痛で苦痛で頭がおかしくなりそうでした。

 

そして、「あ、このままだと病む」と思ったので、彼女のLINEをブロックしました。ブロックしたあとは吹っ切れて、仕事に集中できました。

 

なんやかんやその彼女とは今も続いていますが、こんなことがあったのもあり、LINEの数はだいぶ落ち着きましたよ。

 

Dわがままな彼女の相手に疲れ果てた

私の彼女は情緒不安定なところがありました。機嫌がいいかと思えば、突然泣き出したり、いきなりキレたりすることもありました。

 

私は彼女のことが大好きだったので、できるだけ彼女に構いたいという気持ちがありました。男なら彼女のわがままを受け入れて当然だと思っていたんです。

 

LINEもすぐに返していましたし、電話も毎日のようにしていました。しばらくはツライこともなく、なんだかんだ彼女と上手くいっていました。

 

ところがある日、彼女に一方的に私の行動について文句を言われることがあったんです。これだけなら今までもよくあったので、最初はきちんと彼女の話を聞いていたのですが、彼女も気持ちが高ぶったのか・・・

 

「あなたは私の気持ちがわかっていない」
「もっとお金持ちの人と付き合いたかった」
「どうせ私が悪いと思っているんでしょ!?どっか行ってよ!」

 

というような、心に刺さる言葉を次々に投げつけられました。しかもこういうことを一方的に言われることが段々と増えて、とうとう私は精神的に参ってしまったんです。

 

もう疲れ果ててた私は、気がついたら彼女のLINEをブロックしていました。「彼女をブロックするなんて・・・」と思う人もいるでしょうが、私は本当に限界だったんです。

 

もっと器の大きい男性だったら、彼女のことを支えることができたのでしょうが・・・私には無理でした。


音信不通の彼と連絡が取れたという声多数

音信不通、着信拒否、LINEブロック、未読スルー、既読スルー、そんな絶望的な状態からでも彼の連絡を引き寄せられる確かな実績を持つ占い師だけを集めました。

▼詳しくはこちらをタップ▼

このページの先頭へ