MENU

男は別れるつもりがなくても音信不通にすることがあるって本当?

彼氏が突如音信不通になってしまったら、とても不安になりますよね。

 

「音信不通にするくらいだから、やっぱり別れるつもりなのかな・・・」と考えて落ち込んでしまいがちです。

 

でも実は男性は、別れるつもりがなくても音信不通にすることがあるということをご存知でしょうか?

 

今回は、男性が別れるつもりがなくても音信不通にしてしまう理由を4つにまとめました。

 

「自分の彼氏はこのパターンかも・・・」と考えながら読んでみると、彼氏の気持ちが理解できて前向きになることができますよ。それでは一つずつ見ていきましょう。

 

@仕事が忙しくて他のことを考える余裕がない時

男性は女性に比べると、マルチタスクが苦手という特徴があります。一つのことに集中していると、他のことが疎かになりがちなんですね。

 

そのため、仕事が忙しすぎると他のことに気を回す余裕がなくなるということがよくあります。

 

たとえ大事な彼女であっても、仕事のことで頭が一杯になっているため、後回しにしてしまうわけです。

 

  • 最近仕事に追われている様子があった
  • 時々約束をすっぽかすことがある
  • 何かをしながら人の話を聞くのが苦手

 

彼氏にこのような特徴がある場合は、仕事が忙しくて他のことを考える余裕がなくて、音信不通になっていると考えられます。

 

別れるつもりではない可能性が高いので、しばらく様子を見るといいでしょう。

 

もしもしばらくして彼氏から連絡が来たら、どうしていたのか聞いて、忙しいようだったなら「お疲れ様」と労わってあげましょう。

 

Aあなたに対して気に食わないことがあった時

最近喧嘩をした、もしくは彼の気に障るようなことを言ったかもしれないという場合は、彼があなたにムッとして一時的に連絡をシャットアウトしている可能性があります。

 

音信不通にされているのだから、きっと別れるつもりに違いない・・・と思ってしまいますが、そういうわけではありません。

 

彼が音信不通なのは、子供がすねて親に向かって「家出する!」と言って家を出るのと同じなんです。

 

家出すると言って本当にそのまま家出する子供はほとんどいないですよね。大半はお腹がすいたら家に帰ります。彼氏も本気で別れるつもりではないんです。

 

頭が冷えたら連絡が取れるようになるでしょうから、その時は「この前はごめんね」と言って仲直りするといいでしょう。

 

Bあなたの気持ちを確かめたい時

男性では珍しいケースですが、あなたの気持ちを確かめたくてわざと音信不通にしているというパターンもあります。

 

自分のことが本当に好きなのか?自分は必要な存在なのか?自分がいなくてもあなたは何事もなく生活するのではないか?などと悩んだ結果、あなたが追いかけてくれるか試したくて、音信不通にしてしまうというわけです。

 

彼氏が以前から心配性で不安がるタイプだという場合は、このパターンの可能性があります。もしも直接会えるチャンスがあるなら、じっくりと話して安心させてあげることで、連絡を再開してくれるはずです。

 

気に病む必要は全くありませんが、完全に無視をすると彼氏の不安がどんどん大きくなり、そのまま別れてしまうということに繋がりかねません。

 

自分の負担にならない程度に、ほどほどに追いかけて構ってあげるのが、このタイプの男性と上手く付き合うコツです。

 

C何となく気分が乗らない時

世の中には、気分が乗らないという理由で、連絡を全く返さない人がいます。ひどい人はLINEのメッセージが百件以上溜まったまま放置しているということもあるくらいです。

 

そういった人たちに返事しない理由を聞くと「めんどくさかった」「メッセージが溜まったら返す気が起きない」「後でもいいかなって思った」というマイペースな答えが返ってきます。

 

もしも彼氏が気まぐれな気分屋タイプなら、特に理由もなく音信不通になっているかもしれません。別れるつもりは全くなくて、「その内連絡しようと思ってたんだけど・・・」という気の抜けた返事をする可能性大です。

 

イラッとするでしょうが、もし連絡が返ってきても、責めたり無理強いをしたりすることは止めましょう。彼氏は自分のペースを大事にするので、責めると逃げられてしまいます。

 

「長い間連絡がないと不安になるから、できれば何か一言くらいくれると嬉しい」ということを軽めに伝えてあげるといいでしょう。


音信不通の彼と連絡が取れたという声多数

音信不通、着信拒否、LINEブロック、未読スルー、既読スルー、そんな絶望的な状態からでも彼の連絡を引き寄せられる確かな実績を持つ占い師だけを集めました。

▼詳しくはこちらをタップ▼

このページの先頭へ