MENU

予定分かったら連絡すると言って連絡くれない彼氏の心理とは?

「予定分かったら連絡する」と言われたら、そのままの意味で、数日以内には連絡が来るだろうと思うものですよね。

 

だからこそ、その後全く連絡がなかったら、「もしかして本当は私と会いたくないの?」とい色々不安に思ってしまうものです。

 

一緒に居たい、デートしたいと思っているなら、きっと予定が分かり次第すぐに連絡はくれるでしょうからね。

 

彼氏が「予定分かったら連絡する」と言ってきたのにも関わらず連絡をくれない・・・そんな状況で考えられる彼氏の心理とはどんなものがあるのでしょうか?ご紹介していきます。

 

忙しくて忘れている

もしかすると、彼氏は単純に忙しくて、連絡を忘れてしまっているのかもしれません。

 

仕事やプライベートのことが忙しいと、やろうと思っていたことをつい忘れてしまうのはよくあることです。

 

例え大事な彼女との約束に関わることでも、彼には今どうしても大変な仕事があり、そのせいで忘れてしまったのかもしれません。

 

特にその「空けられそうな予定」がかなり先になる場合は、急ぎで連絡しなくても大丈夫だろうという油断も出るでしょう。

 

あなた自身はその予定がわりと近くなのか、それとも遠いのか、それが分かりませんから、当然不安にもなるかもしれません。「予定分かったら連絡すると言っていたのになんで?」と戸惑ってしまうことでしょう。

 

でも、彼自身に悪気はないので、まずは様子を見て待ってみることが大切です。落ち着いた頃に、しっかりと連絡があるはずですよ。

 

あなたの優先順位が低い

恋愛の優先度は人によって違うことも多いものです。恋愛を最優先に行動する人もいれば、仕事が一番と思う人もいますし、場合によっては、仕事>友達関係>恋愛(彼女)という優先順位で行動する男性もいます。

 

もしかすると彼氏は、あまり恋愛を優先して普段から行動していないのかもしれません。あなたの優先順位が低いため、あなたのためにわざわざ予定を空けようとしないからこそ、連絡をしてこない可能性が考えられます。

 

この場合も、彼自身に悪気はありません。あなたを大切にしていないわけでもないのです。単なる価値観の違いなので、「予定分かったら連絡するって言ってたのにどういうこと?」と彼を責めても、話は平行線になってしまうでしょう。

 

ただそれでも彼女である以上は、いつかは予定を空けるつもりで動いてはいるはずです。人によっては、彼女よりも仕事を優先したい時があるなど、時期的な問題もあるので、気長に待つことも今は必要かもしれませんね。

 

別れたいけど言い出しづらい

予定が分かったら連絡するとは言ったものの、彼氏はもしかすると、正直別れたい気持ちを心のどこかに抱えているのかもしれません。

 

別れたいけれど言い出しづらいため、当然デートなどの約束にも前向きになれないというわけです。予定を空けるつもりもなく、でも気まずくて別れ話もできない、だからこそ連絡なしの状態が続いているのかもしれません。

 

もし、もともと別れ話に近いような話が出ていたことがあったり、険悪な時期が続いていたりなどのことがあった場合は、彼氏は別れたい心理でいる可能性が高いと言えます。

 

急に連絡をくれたと思ったら、内容は「予定分かったよ」ではなく、「別れたい」の言葉かもしれません・・・。彼氏との関係を絶対に終わらせたくないのなら、早い内にこちらから連絡を入れて、「予定どうなった?」などの探りを入れてみることも大事です。

 

別れたいことを察して欲しい

彼氏としては、別れたいことをあなたに察して欲しいと思っている可能性もあります。「予定分かったら連絡する」と言っておきながら連絡をしなければ、別れたいことを察してくれるのではないかと彼氏は淡い期待を抱いているのです。

 

自分から別れ話を切り出すのって結構気合が要るものです。別れ話は長引いたり、こじれたりすることも多いですから、誰だって避けたいことの一つですよね。

 

だからこそ、彼氏はあなたに別れたい気持ちを察してもらって、あわよくばあなたの方から「別れたいってこと?」と探りを入れてくれるのを待っている場合も考えられます。

 

または、しびれを切らしたあなたの方から「別れたい」と言ってくれるのを期待している可能性もあるでしょう。

 

彼氏自身、あまり物事をはっきり言うタイプではなかったり、少しずるい行動を取ってしまったりするような性格なら、この可能性は残念ながら高いかもしれません。


音信不通の彼と連絡が取れたという声多数

音信不通、着信拒否、LINEブロック、未読スルー、既読スルー、そんな絶望的な状態からでも彼の連絡を引き寄せられる確かな実績を持つ占い師だけを集めました。

▼詳しくはこちらをタップ▼

このページの先頭へ