MENU

彼氏がうつ病で音信不通に…どう対処したらいい?

彼氏が鬱っぽくて音信不通にされてしまうと、さすがに「何かあったのかも・・・」と心配してしまいますよね。

 

普段の彼氏のことをよく知っているからこそ、最悪のケースを考えて焦ってしまう人も多いでしょう。

 

うつ病の彼氏が音信不通になってしまったとき、やはり彼女としてやるべきことはあるものでしょう。

 

相手がうつ病だからこそ、変に刺激したりせず、しっかりと対応する必要もあります。

 

そこで今回は、うつ病の彼氏が音信不通になってしまった時の対処法をご紹介します。

 

まず最初に注意すること

まず最初に注意することとしては、彼氏を必要以上に刺激することは言わないようにすることです。

 

彼氏が音信不通になって不安であなた自身も辛いかもしれません。しかし、彼氏はうつ病でもっと悩んでいて、もっと辛い思いをしている可能性があります。

 

なので、「いい歳して鬱なんて甘えないで!」「鬱で連絡無視するなんて信じられない!」など、自分本位な連絡は絶対に避けるようにしましょう。

 

彼は生きるか死ぬかのレベルで悩んでいる恐れすらあります。必要以上に刺激して彼を傷つけてしまうと、どんな行動に出るか分かりません。

 

心ない言葉を言ってしまったせいで彼を追い詰めてしまい、あとで後悔するのも嫌ですよね。まずは彼の心理状態や状況を思いやることが大切です。

 

音信不通されたからといって、自分のことを中心に考えた言葉を感情のままにぶつけないように気をつけましょう。

 

返信は期待せずに優しい言葉をかけてあげる

音信不通の状態が続いていても、まず返信にはあまり期待しないようにしましょう。

 

たとえうつ病でも、彼に少しでも前向きになってもらうため、優しい言葉をかけてあげることを意識することが大切です。

 

「早く返信して欲しい」なんて言葉は言わず、「今はゆっくり休んでね」「何かあったら気軽に声かけてね」など、彼に寄り添ったLINEをたまに送ってあげるようにしましょう。

 

「独りではない」、そのように彼氏に実感してもらうことが大切なのです。そのためには、あなたなりの優しい言葉をかけてあげるだけでも十分な場合も多いです。

 

返信がない時は立て続けには連絡しない

もし音信不通のままで返信がなかったとしても、立て続けに連絡するのは避けておきましょう。

 

こちらからの連絡が彼氏にとってプレッシャーになってしまう可能性があります。うつ病の状態だと、ちょっとした言葉でも過剰にプレッシャーに感じてしまうことは多いものです。そのせいでますます連絡をくれなくなる可能性も高いです。

 

返信がないときは、少しずつ連絡の感覚を空けていくことが大切になってきます。ペースとしては、3日に1回→1週間に1回→2週間に1回→1ヶ月に1回・・・という感じで、あくまで彼氏のペースに合わせて連絡をしていくことを心がけましょう。

 

彼氏はうつに悩んでいる状態です。音信不通にされたとしても、ゆっくり彼のペースに合わせて付き合っていくことが大切なのです。

 

数ヶ月〜年単位でじっくりと回復を待つ

そもそもうつ病の彼氏とうまく付き合っていくためには、数か月〜年単位でじっくりと回復を待つくらいの余裕を持つことが大切です。

 

彼を必要以上に焦らすことなく、パートナーとして待つことをまずは心がけましょう。待ち続けるのは辛いかもしれませんが、うつ病の彼氏に必要なのは、恋人というよりも母親のように包み込むような優しさです。

 

確かに時には長い時間、音信不通の状態が続くこともあるかもしれません。それでもじっくり彼氏のことを待っていれば、うつ病も快方に向かうことも多いです。

 

そんな素敵な付き合い方ができれば、彼氏もあなたへの愛情を絶対に忘れないはずです。

 

音信不通にされても彼氏にプレッシャーをかけることなく、一緒に彼のうつ病を解決してあげるつもりで、じっくり付き合っていきましょう。


音信不通の彼と連絡が取れたという声多数

音信不通、着信拒否、LINEブロック、未読スルー、既読スルー、そんな絶望的な状態からでも彼の連絡を引き寄せられる確かな実績を持つ占い師だけを集めました。

▼詳しくはこちらをタップ▼

このページの先頭へ