MENU

音信不通の彼氏からどれくらいで連絡が来た?【みんなの実例】

彼氏が音信不通になってしまったら「もう二度と連絡が来ないんじゃ…」って不安になってしまいますよね。

 

残念ながらそうなってしまう確率もありますが、再び連絡が来たという例も多いです。

 

なので、音信不通になったからといって可能性がゼロというわけではありません。

 

では、実際にどういった形で音信不通の彼から連絡がきたのか?実例を見ていきましょう。

 

実例@放置していたら自然に(約1ヶ月)

大好きな彼が転勤することになり、遠距離恋愛がスタートする事になりました。

 

最初の内は毎日マメに連絡を取り合い、「遠距離でも大丈夫かも」と思っていましたが、どんどん日にちが経つに連れて、彼からの連絡の頻度が減っていったんです。

 

半年経った頃には、3日に一度連絡が来れば良いくらいになり、その次の月にはついに彼からの連絡はなくなってしまいました。そうなってからは、私から連絡をしようとも返信はなし…。電話にも出てくれなくなり、音信不通になってしまったんです。

 

「やっぱり遠距離だとこうなるんだ」と落ち込んでしまいましたね。そこから1ヶ月くらいでしょうか?「ほっとけばいつかは連絡来るかな?」なんて軽い気持ちでいたところ、案の定彼からの連絡、「今まで本当にごめん!仕事が落ち着かなくて…」それから私たちは、以前の関係に戻れました。

 

本当に彼が仕事で忙しかったのかは不明ですが、音信不通になった時にこちらから追い詰めることをしなかったから、今の結果があるのかなとも感じます。おそらく転勤や引越しをしたばかりで気持ちに余裕がなかったのかな?とも思いますね。

 

実例A自分に自信を持てたら彼からも連絡が来た(約半年)

私は彼と付き合っていた時に、どうしても自分だけを見てほしくて結構きつい束縛をしていました。それも自分への自信のなさが招いた行動だったと思います。

 

そういった束縛が重く感じたのか、いつからか私のLINEを既読無視もするようになって、まともな返信もくれなくなりました。

 

私は感情的になり、怒りだけを電話で彼に伝えると次の日から着信拒否…。彼から音信不通にされたことによって目の前が真っ暗になり、自暴自棄な日々を送っていました。

 

そんな私を見かねてか、親友が「〇〇くん(←彼の名前)あんたの束縛がきつかったって言ってたよ!」と私に伝えてくれたんです。

 

その時は「何であんたが言うのよ」とムッとしてしまいましたが、後から冷静に考えてみると、こうなってしまったのは自分の責任でもあるんだなと気付くことができたんです。

 

そして、自分が原因で彼が音信不通になったのだから、彼を諦めるしかないと気持ちを少し切り替える事ができました。自分の非を認める事で、人って自信を深めるんだとこの時に実感しました。

 

それから私は、彼に対しての好意は捨てられずにいたものの、「もっと良い女になってやる!」と意気込み、色々な事に挑戦し始めました。このように挑戦できたのも、自分に自信がついたからでしょう。

 

それから半年くらい経った時、なんと彼から連絡が!驚きましたが、今度会って話したいということを言われてしまいました。もちろん断る理由もなく、即親友にそのことを相談してみると「あ、〇〇くん、あんたのSNS見て魅力的になったなーって言ってたらしいよ」と言われました。

 

なんと彼は私のSNSの投稿を見ていたんです。今まで自分に自信がなくてSNSに投稿すらできなかった自分が、彼と離れる事によってSNSにも挑戦できたんです。その投稿を見て、雰囲気の変わった私に気付いてくれたんだと思います。奇跡に近いですが、自分に自信を持って行動することで良い方向へ行く事って本当にあるんですね!

 

実例B完全に作戦勝ち(約1ヶ月)

彼とは些細なケンカが発展し、私の連絡は一切受け付けてくれなくなりました。仲直りしたいけど連絡を取れないのでどうしようもありません。

 

そこまで焦ってもいなかったので、とりあえず相手から連絡してくるのを待ちました。しかし、一ヶ月しても連絡をくれないので、彼も本気なんだと悟りましたね。

 

そして、私はある人に協力してもらうことに…。それは彼と私の共通の友人で、私の親友とも呼べる人物です。その子に、私に好きな男ができたと彼に伝えてもらいました。

 

すると、数日後にすぐに連絡が来ました。やっぱり男って、自分に惚れていると思っている女の子に他に好きな人ができたということを聞くと、渡したくないという気持ちになるようですね。音信不通で悩んでいる子には、是非使ってみてほしい作戦です。

 

実例Cこのタイミングで!?(約1年)

私にはこの人しかいないと思って付き合った彼でした。同じ職場で働いていましたが、彼が上司を折り合いが悪く、転職してしまったんです。関係が上手くいかなくなったのはその頃からでした。

 

今までは毎日のように顔を合わせていましたが、職場が変わった事によって距離ができてしまったんですね。どんどん連絡も取らないようになり、ついに音信不通。

 

私は彼の事が大好きだったので、とにかく連絡を取ろうと試みたんですけど、返信も来なければ電話にも出てくれない。本当に辛い毎日でした。

 

そして、数ヵ月後に「もう自然消滅したんだ…」と自分の中で割り切り、気持ちを切り替えるようにしました。それから1年後、なんと彼からの連絡。

 

正直私は、もう彼に対する気持ちがなくなり、別に好きな人もできていたので何とも思わなかったですが…。このタイミングで連絡してくるか!?というのは思いました(笑)。

 

実例D諦めかけたタイミングで連絡が来た(約半年)

「ちょっと距離を置いて考えたい」付き合っている彼に、私は言われました。それでも別れたくなかった私は「いつまでも待ってる、答えが出たら連絡してね」とだけ伝えました。

 

もちろん、連絡してくれるのを信じていたんです。しかし、数が月経っても連絡はこず、新しい彼女ができたらしいという噂までも耳にするようになりました。

 

そして半年経った頃、もう諦めようとしていたタイミングで彼から電話が来ました。すると、「待たせてごめん!やっぱりおまえがいい!」と言われ、つい泣き出してしまいました。

 

話を聞くと彼女ができたなんて話しは噂に過ぎなかったようです。待ち続けて良かったと心から思いましたね。

 

まとめ

今回集めた声だと、彼と音信不通になっても早い人なら1ヶ月、遅い人であれば1年くらい経てば連絡が来たという結果になりました。

 

こういったことから、「音信不通になったからもう終わりだ…」と考えるよりも、「いつかは連絡来るかも」と前向きに考えていても良いかもしれません。

 

また、ひたすら長い期間待たされることも考えられるので、その時間を自分の好きな事に没頭したり、趣味に費やす時間に使うなど気楽に待っていると良いですよ。

このページの先頭へ